【オリックス】太田椋が初回に今季3号ソロで先制 「最高です」

1回2死、太田椋は先制となる左越えソロ本塁打を放つ
1回2死、太田椋は先制となる左越えソロ本塁打を放つ

◆パ・リーグ オリックス―西武(20日・京セラドーム)

 オリックスの太田椋内野手(19)が先制となる今季3号ソロを放った。初回2死から松本の145キロのストレートを捉えると、ぐんぐん上昇した打球は左翼5階席に勢いよく突き刺さった。「感触もよかったですし、“なんとか切れるな”と思いながら走っていました。(久しぶりの一軍でのHRに)めちゃくちゃ気持ちよかったですし、最高です」と、コメントした。

 この日1軍昇格を果たし、「3番・二塁」で即スタメン起用された。7月17日のソフトバンク戦(京セラD)以来の一発を放ち、アピールした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請