カズレーザー、公文書のデジタル化に期待「桜を見る会」に「“出てない顔”しているヤツも逃げ道が無くなる」

カズレーザー
カズレーザー

 20日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)では、発足した菅義偉内閣について特集した。

 菅内閣に期待することに、スタジオ出演したコメンテーターのカズレーザーは「政府の機関全体がデジタル化が進むのであれば、単純に公文書みたいのが破棄されるというのが無くなりますよね。誰かが削除しないといけないけど、削除した人もデータとして残るわけで」とポイントを挙げた。

 その上で「最近、桜を見る会がなくなったじゃないですか。名簿が無くなったみたいになって。あの話題になると、俺は(桜を見る会に)出ていたんですけど、同じタレントで“私は出てません顔”をするヤツがいるんですよ。お前いたじゃん!っていう」と指摘し、「“出てない顔”しているヤツも逃げ道が無くなるっていう。お前いただろ! データで残るんだぞって」と具体例を出して期待を示した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請