羽生善治九段、50歳超えタイトル挑戦…100期へ10・9から7番勝負

将棋タイトル挑戦年長者
将棋タイトル挑戦年長者
竜王への挑戦を決め、感想戦で対局を振り返る羽生善治九段(日本将棋連盟提供)
竜王への挑戦を決め、感想戦で対局を振り返る羽生善治九段(日本将棋連盟提供)

 将棋の羽生善治九段(49)が、東京都渋谷区の将棋会館で19日に行われた第33期竜王戦挑戦者決定3番勝負第3局で丸山忠久九段(50)を99手で破り、対戦成績2勝1敗で豊島将之竜王(30)への挑戦権を獲得した。タイトル獲得通算100期に王手を懸けているレジェンドは、来月の7番勝負開幕時点で50歳0か月。50歳を超えてのタイトル挑戦は、大山康晴十五世名人以来、30年ぶりだ。

 対局後の会見で「100」という数字について問われると、羽生は「考えることもなかったのが実感です」と笑みをこぼしながら「大きな記録が懸かるシリーズでもあるので、舞台にふさわしい将棋を指したいです」と口にした。普段は目の前の将棋を淡々と語ることが多いが、この日は珍しく「大きな記録」という明確な言葉を選んだ。

 丸山の代名詞「一手損角換わり」を王者らしい将棋で迎え撃った。研究量の深さが問われる序中盤だったが、自然な駒組みで自陣を堅牢に築くと、一手のスキもない指し回しで優位を拡大して完勝。黒星スタートからの逆転連勝で、棋界最高峰・竜王への挑戦権を得た。

 今月27日で50歳になる。タイトル戦は10月9日にスタート。50歳0か月での挑戦は、大山十五世名人(66歳11か月)、升田幸三実力制第4代名人(53歳0か月)、土居市太郎名誉名人(52歳5か月)に次ぐ史上4位の年長者挑戦記録となった。50歳を超えてのタイトル挑戦は、1990年の大山十五世名人以来30年ぶりだ。「誕生日までまだちょっとありますけど(笑い)、50代になってタイトル戦に出られたことは棋士として名誉なこと。ただ、満足ではなく励みにして前に進んでいけたら。今後の課題ではありますが、50代なりの将棋を指していけたら」

  • 羽生善治九段の獲得タイトル

    羽生善治九段の獲得タイトル

 藤井聡太2冠(18)に沸く令和の将棋界だが、平成は羽生の時代だった。平成元(1989)年、19歳で初タイトルを獲得。96年には7冠を独占するなどタイトルを積み重ね、それまで最多だった大山十五世名人の80期を大きく上回る通算99期まで伸ばした。国民栄誉賞も受賞したが2018年、27年ぶりに無冠に転落。それから2年間は、大舞台から遠ざかっていた。

 「タイトル戦にたくさん出ていた時期は1年もたてば忘れました。目の前の課題に集中するだけでした。他棋戦では勝ち進んでないので挑戦できたのは幸運でした。機会を生かせてよかったなあ、と」

 髪には白いものが交じるようになったが、朗らかな口調と醸し出す空気は20代の頃と変わらない。いつまでも青年のようなレジェンドが、令和になって初出場となるタイトル戦で前人未到の偉業に挑戦する。(北野 新太)

 ◆年齢を重ねても勝ち続ける凄さ 羽生九段が小学生時代に通っていた八王子将棋クラブ(東京都八王子市、2018年閉所)の元席主・八木下征男さん(77)「竜王挑戦、おめでとうございます。100期がかかるということで、とても楽しみです。8歳の時に会った羽生さんがもう50歳になるというのは…とても感慨深いですね。今は若くて強い人も多いので、対抗するのは大変だと思う。自分と比べちゃいけませんけど、私も最近は自分で驚いてしまうくらい将棋が弱くなりました。年齢を重ねる中で勝ち続けるのは本当にすごいことだと思います。今はあまり外出も出来ないので、羽生さんの将棋を見ることが何よりの楽しみです」

将棋タイトル挑戦年長者
竜王への挑戦を決め、感想戦で対局を振り返る羽生善治九段(日本将棋連盟提供)
羽生善治九段の獲得タイトル
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請