【ロッテ】沢村拓一、最速156キロで3戦連続の完全救援…移籍後1人も走者出さず

7回から登板し、三者凡退に抑えた沢村(カメラ・越川 亘)
7回から登板し、三者凡退に抑えた沢村(カメラ・越川 亘)
沢村のロッテ移籍後の投手成績
沢村のロッテ移籍後の投手成績

◆パ・リーグ 日本ハム3―1ロッテ(19日・札幌ドーム)

 心身の充実を示す11球だった。「ロッテの沢村」がパ・リーグの猛者たちをのみ込んだ。移籍後最速156キロをたたき出し、3戦連続の完全救援。登板間隔が空いたこの日は3点ビハインドからの起用だったが、勝利の方程式に足る資質を証明した。

 ねじ伏せた相手が、結果の価値を高めた。7回。まずは出塁率4割7分9厘を誇る3番・近藤を151キロの超速スプリットで一ゴロに料理。続けて本塁打、打点の2冠を走る4番・中田を3球三振に仕留めた。最後は「直球破壊王子」の異名をとる渡辺を154キロで中飛。直球に無類の強さを誇る難敵を自慢の直球で押し込んだ。

 入団会見当日に新天地デビューした8日の日本ハム戦(ZOZO)から、一人の走者も出さず計3回を5奪三振パーフェクト。「全ての方に獲ってよかったと思ってもらえるように努力する」という言葉通り、投げる度に信頼を得ている。首位を争うチームが痛恨の連敗を喫した中、剛腕の好調持続は明るい材料。負傷離脱したハーマンに代わり、勝ちパターンの8回を託す構想の井口監督は「あさって(21日)休みなので、あした全員つぎ込んで戦いたい」と連投を予告した。電撃トレードからわずか10日余り。沢村はロッテに不可欠な存在となっている。(宮脇 央介)

試合詳細
7回から登板し、三者凡退に抑えた沢村(カメラ・越川 亘)
沢村のロッテ移籍後の投手成績
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請