“女ウッズ”笹生優花が人生初の「ドラコン」で270ヤードかっ飛ばして優勝「いつも通りのスイング」

ラウンド後のドライビング女王コンテストに参加して優勝した笹生優花
ラウンド後のドライビング女王コンテストに参加して優勝した笹生優花

◆女子プロゴルフツアー デサント東海クラシック 第2日(19日、愛知・新南愛知CC美浜C=6456ヤード、パー72)

 第2日の競技終了後に恒例の「ドライビング女王コンテスト」が開催された。平均飛距離260ヤードを誇る“規格外”のルーキー・笹生優花(19)が=ICTSI=が人生初の「ドラコン」に参戦。2球打つうちの1球目で270ヤードかっ飛ばし、周囲を騒然とさせた。18年、19年コンテストの覇者であり、昨季ツアーのドライビングディスタンス260・67ヤードで1位の穴井詩(らら、32)=ゴルフ5=の記録を1・9ヤード上回り、優勝。“ボーナス”50万円をゲットした。

 “女タイガー・ウッズ”と異名を持つ19歳は「いつも通りのスイングをした。当たりは、当たりました。ただ、引っかけたので。風はアゲインストだったけど、飛んでくれたのでうれしかったです。楽しくできたと思います」と充実の表情を見せた。

 アマチュア時代には試合で「300ヤード飛ばしました」と言う飛ばし屋は「飛ばすための秘けつ」について「飛ぶには振らないといけない。振れば飛びます」とキッパリと言い切る。さらに、「振るときは飛んで曲がらないのが好き。曲がると良くないなと思っちゃう」。もちろん、笹生の目指すところは「飛ばす」だけではないのだ。

 本戦の方では10位で出て、32パットとグリーン上で苦戦。1バーディー、2ボギーの73と伸ばせず、通算3アンダー26位に順位を下げた。11アンダーで首位の東浩子(28)=加賀電子=、古江彩佳(20)=フリー=とは8打差で最終日を迎える。まだあどけなさが残るルーキーは「(今日は)パターがなかなか思い通りに打てなくて。でもそれもゴルフなので、パターの反省をして明日は頑張りたい。楽しくやりたいと思います」と肩の力を抜いて話した。

 ドライビング女王コンテストは、1番ホールで行われ、各選手2球ずつ打ち、指定エリア(フェアウェー、ファーストカット、カート道)に最も飛んだボールで順位を競う。希望者だけが参加。優勝には50万円、2位には30万円、3位には20万円の特別ボーナスが贈られた。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請