マラソン五輪代表の服部勇馬が1万メートル自己ベスト「年末にマラソン」

服部勇馬
服部勇馬

◆陸上全日本実業団対抗選手権第2日(19日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

 男子1万メートルで、東京五輪マラソン代表の服部勇馬(26)=トヨタ自動車=が日本歴代23位となる27分47秒55で日本人トップの7位になった。7月15日のホクレンロングディスタンス網走大会でマークしたばかりの27分56秒32の自己ベスト記録を8秒77更新。東京五輪マラソン代表選考会(MGC)で2位に入り、代表の座を獲得してからほぼ1年。延期になった本番に向けて成長を続けている。

 「できる限り先頭につきたいという思いだった。前半思った以上に速い入りをしたので、8000メートルからは勝負に徹した。(400メートル)68秒ペースなら押せる感じがした。できれば年末にマラソンを、と考えていて、その一環で今回も出させてもらった。予想以上に走れているので、ケガなく練習を続けていきたい。(今年は五輪が)延期で、競技力を上げられる期間。(来年は)自分自身の夢の舞台があるので、そこに向けていい1年にしたい」と服部は意欲的に話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請