トップ1敗は大関・貴景勝、翔猿、琴勝峰 2敗に照ノ富士ら9人の大混戦…大相撲秋場所

貴景勝(奥)は豊山を押し出しで破る
貴景勝(奥)は豊山を押し出しで破る

◆大相撲秋場所7日目(19日、東京・両国国技館)

 元大関の幕内・照ノ富士(伊勢ケ浜)が乗ってきた。小結・遠藤(追手風)を送り出して初日から2連敗後に5連勝。これで三役以上との対戦を終えた。1差で追走する賜杯レースだが、中日からは平幕との対戦が続く。

 朝乃山(高砂)、貴景勝(千賀ノ浦)の両大関はともに白星。一方、正代(時津風)、御嶽海(出羽海)、大栄翔(追手風)の3関脇は総崩れだった。

 1敗でトップは初日から無言を貫く貴景勝、平幕の琴勝峰(佐渡ケ嶽)と新入幕・翔猿(とびざる)=追手風=の3人。2敗は照ノ富士、正代、高安、阿武咲、ら9人がひしめき合う大混戦だ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請