【ヤクルト】坂口智隆が9号逆転2ラン 広島・森下から2戦連続豪快弾で自身初の2ケタに王手

2回1死一塁、右越え2ランを放つ坂口智隆
2回1死一塁、右越え2ランを放つ坂口智隆

◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト―広島(19日・神宮)

 ヤクルト・坂口智隆外野手(36)が逆転の9号2ランを放った。

 1点を追う2回1死一塁。広島・森下の初球148キロ直球を仕留め、右翼席へ打球を運んだ。

 新人王候補の右腕からは初対戦の10日の敵地での試合でも本塁打を放っており、これで2戦連続アーチ。入場者数の上限が緩和された最初の試合で存在感を示したプロ18年目のベテランは「後ろにつなぐ気持ちで初球から積極的に打ちにいきました。いい結果となり、逆転することが出来てよかったです」とコメントした。

 坂口は昨年まではオリックス時代の09、10年に記録していた5本塁打が最多だったが、これで自身初の2ケタ本塁打に王手をかけた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請