【中日】阿部寿樹がキャリアハイ8号V3ラン!9732人のファン歓喜!

4回2死二、三塁、阿部寿樹(5)が先制の左越え3ラン本塁打を放ち、(手前2人目から)三塁走者・ソイロ・アルモンテ、二塁走者・高橋周平らに迎えられる
4回2死二、三塁、阿部寿樹(5)が先制の左越え3ラン本塁打を放ち、(手前2人目から)三塁走者・ソイロ・アルモンテ、二塁走者・高橋周平らに迎えられる

◆JERAセ・リーグ 中日4―1阪神(19日・ナゴヤドーム)

 投打ががっちりかみ合った。中日・阿部寿樹内野手(30)がキャリアハイとなる決勝の8号3ランで勝利に導いた。

 9月の打率が1割台と苦しむ中、この日は早出の打撃練習にも参加。不振脱出の兆しもみえた完璧な一振りに「一発で仕留めることができて良かった。思い切ったスイングができたと思う。(先発の)福谷が粘りの投球をみせてくれていたので、まずは先制点を取れて良かった」と喜んだ。

 投げては先発・福谷浩司投手(29)が7回途中無失点の好投で4勝目。3点リードの7回2死で坂本の打球が右足に直撃し、緊急降板したがその後を受けた2番手の福が後続を抑えた。4回以降は完全投球を続けていただけに、思わぬアクシデントで念願の完投、完封プランが消えたが、右腕は「立ち上がりあまり良くなかったですが、3回から少しずついつものリズムに戻すことができました」と振り返った。

 この日はナゴヤドームの入場制限が緩和され、9732人の中日、阪神ファンが集まった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請