幕下・矢後が持久戦制して3勝目「根気負けしたらダメだと思った」

矢後(左)が寄り切りで魁を下した(カメラ・橘田 あかり
矢後(左)が寄り切りで魁を下した(カメラ・橘田 あかり

◆大相撲秋場所7日目(19日、東京・両国国技館)

 元幕内で東幕下8枚目・矢後(26)=尾車=は3番相撲で、西幕下3枚目・魁(34)=芝田山=を寄り切りで下して3勝目(1敗)を挙げた。1分46秒の持久戦を制し、勝ち越しに王手。取組後はマスク姿でリモート取材に応じ、「1日一番。その日の一番の相撲を出せるように頑張ります」と力を込めた。

 立ち合いで左を差し勝ち、右上手を取ると自身の形。しばらく組み合ったが、「根気負けしたらダメだと思った」と終始落ち着いていた。最後は相手に食らいつく粘りの相撲で寄り切った。「相手の動きをうかがう形になったが最後まで、まわしを引きつけられたのでよかったと思います」と手応えを語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請