タイトル通算100期を目指す羽生善治九段の大一番が始まる 竜王戦挑戦者決定3番勝負第3局

振り駒の行方を見守る羽生善治九段(中央)と丸山忠久九段(日本将棋連盟提供)
振り駒の行方を見守る羽生善治九段(中央)と丸山忠久九段(日本将棋連盟提供)

 第33期竜王戦挑戦者決定3番勝負の第3局・羽生善治九段(49)対丸山忠久九段(50)戦が19日午前10時、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。勝者が豊島将之竜王(30)への挑戦権を得る大一番となる。

 第1局は丸山九段、第2局を羽生九段が制し、運命の決着局を迎えた。振り駒の結果、先手は羽生九段に。丸山九段は後手番における代名詞中の代名詞「一手損角換わり」を採用した。過去2局は後手が制している。

 羽生九段は前人未到のタイトル獲得通算100期に王手を掛けており、本局に勝利すると2年ぶりのタイトル挑戦を決める。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請