【日本ハム】大田泰示、V二塁打「集中してかえすことだけ考えた」…3位楽天に1差

3回2死一、二塁、勝ち越しの2点適時二塁打を放つ大田
3回2死一、二塁、勝ち越しの2点適時二塁打を放つ大田

◆パ・リーグ 日本ハム7―3ロッテ(18日・札幌ドーム)

 強烈な打球音を残して、大田の放ったライナーが三塁手のグラブの上を越えていった。3点差を追いつき、なお2死一、二塁で迎えた3回。フルカウントから甘く入った132キロのツーシームを左翼線へ運び、勝ち越しの2点二塁打。「全員が束になってつないでくれた打席。本当に集中してかえすことだけ考えた」。この回5安打を集め、一挙5点の逆転劇を呼び込んだ。

 5日の西武戦(札幌D)から自己最長を更新する12試合連続安打とし「ようやくここに来て、自分の持ち味が出せているんじゃないかな」。今月出場した16試合で無安打は1試合のみで、63打数22安打の打率3割4分9厘と納得のいく打撃が増えつつある。「終わってみての数字。いまは気にしていない」と言うが、打率2割9分7厘と自身初の3割にも手が届く位置にいる。

 チームは連敗を2でストップ。カード初戦を奪って4位に浮上し、3位・楽天にも1差に迫った。「最後まで突っ走れるようにいい準備をしたい」。残り42試合。まだまだギアを上げていく。(小島 和之)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請