Jリーグも収容人数上限を19日から引き上げ…設定は各クラブ判断

19日に鳥栖―横浜M戦が行われる駅前不動産スタジアム
19日に鳥栖―横浜M戦が行われる駅前不動産スタジアム

 Jリーグは18日、新型コロナ対応ガイドラインを改訂し、これまでの基準としていた37・5度以上の発熱に限らず、症状がある場合や平熱よりも明らかに高い場合は観客の入場を不可とし、選手、関係者も同様と定められた。

 政府のイベント人数制限緩和に伴い、19日から11月末まで観客数の上限を収容人数の50%(収容数1万7000人以上のスタジアムは30%程度から段階的に緩和)で開催することを明記。感染者数の多い東京都に本拠を置くF東京が9月いっぱいの上限5000人を発表するなど、収容人数の設定は各クラブの判断となっている。

  • 今節のJ1収容人数

    今節のJ1収容人数

19日に鳥栖―横浜M戦が行われる駅前不動産スタジアム
今節のJ1収容人数
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請