【清水】絶対に負けられない湘南戦 クラブ最悪8連敗なら「恥ずかしい。決勝戦みたいに戦う」…勝てばJ1通算400勝

ランニングする清水MFヘナトアウグスト(右)
ランニングする清水MFヘナトアウグスト(右)

 最下位のJ1清水エスパルスは19日、勝ち点9で並ぶ17位の湘南と対戦(BMWス、午後6時半)する。チームは18日、非公開練習を行い冒頭のみ報道陣に公開した。センターバック(CB)はU―23日本代表DF立田悠悟(22)の出場停止などの影響で、本職がボランチのMFヘナトアウグスト(28)の先発起用が濃厚。負ければクラブ最多の8連敗。勝てばアウェー初白星、最下位脱出、J1通算400勝がかかる戦いを制す。

 清水は、96年のクラブワーストに並ぶ7連敗中で、湘南に負ければ最多の8連敗になる。しかも2試合少ない湘南に勝ち点9で並び、得失点差で上回られている。MFヘナトアウグストは「決勝戦みたいに戦う非常に大事な試合。8連敗は絶対にしたくない。ワースト記録に自分の名前を書かれたくないし、恥ずかしい。必ず乗り越えて、勝ち点3を取る」と悲壮な決意を口にした。

 CBが本職の立田が出場停止で、DF岡崎慎(21)も冒頭の練習には姿を見せなかった。16日の横浜M戦(0●3)でCB(3バック左)として初先発したヘナトアウグストの2戦連続起用が濃厚。「慣れないポジション。でも徐々に良くなっていった。CBだったら、湘南戦でもベストを尽くす」と燃えた。

 クラモフスキー監督(41)は練習前にピッチで身ぶり手ぶりを交えながら選手たちとミーティングした。「(立田の一発退場で)横浜M戦で10人になっても戦えたことや湘南戦へのメンタリティーについて話した」と明かした。

 昨季はアウェー湘南戦で6―0。だが今回は清水が横浜M戦から中2日に対し、湘南は9試合ぶりに白星を挙げたG大阪戦(13日)から中5日と日程的に不利。「湘南と勝ち点が同じことはあまり考えず、しっかりと準備する」と指揮官。連敗中、すべて先制を許したことで黒星を重ねた。15試合で14得点とリーグで2番目に得点が少ない湘南を止め、9試合ぶりの勝利につなげる。(山田 豊)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請