【中日】虎に逆転負け 与田監督「好機に強い打線を目指していかないと…」

6回途中5失点で敗戦投手となった中日・柳
6回途中5失点で敗戦投手となった中日・柳

◆JERAセ・リーグ 中日4―8阪神(18日・ナゴヤドーム)

 好機にあと1本が出なかった。中日は阪神と張り合うように10安打を放ったが、得点差は4。3本塁打を浴びる一方、自軍の長打は大島の二塁打のみと決定力に差が出た。与田監督は「次の一本。チャンスに強い打線は選手個々も目指していかないといけない。我々もなんとかできるようにさせなきゃいけないが、簡単にはいかない」と話した。

 2、4、6回といずれも得点圏に走者を置いて凡退したアルモンテについては「このところ真っすぐにも差されるようになっている。起用も含めて考えていかないといけない」と説明した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請