【中日】清水達也が最速150キロで1回無失点 与田監督「素晴らしいボール」

今季初登板で1回を無失点に抑えた中日・清水
今季初登板で1回を無失点に抑えた中日・清水

◆JERAセ・リーグ 中日4―8阪神(18日・ナゴヤドーム)

 痛恨の逆転負けにも光りはあった。この日昇格した中日の3年目・清水達也投手(20)が1回2安打無失点。糸原、サンズに連打は浴びたが、最後は2本塁打の大山を空振り三振に斬った。

 最速150キロの直球も威力十分。若手の躍動に与田監督も「素晴らしいボール。近本への最後の三振(を取った球)なんてすごいいいボールだった。打たれる打たれないよりも1軍のマウンドで1球でもいいボールを投げていく。すごく大きな期待としてみている。状態が良ければ先発のチャンスも出てくるかもしれない」と、今後の先発起用も示唆した。

 清水は「今季初登板ということもあったし、中継ぎ登板ということもあっていつもと違う緊張感があった。0に抑えたことを前向きに捉えて、1試合1試合成長していきたい」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請