鍋島莉奈、マラソン代表の前田を下して全日本実業団V…故障から復活の一歩「すごく悩んだ1年だった」

鍋島莉奈
鍋島莉奈

◆陸上 全日本実業団対抗選手権 第1日(18日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

 女子1万メートル決勝で、鍋島莉奈(日本郵政グループ)が32分3秒40で優勝。2位の松田瑞生(ダイハツ)、3位で東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(天満屋)をスパート勝負で退けた。代表を辞退した19年ドーハ世界陸上以降、左脚の故障などに苦しんできた実力者が、復活へ力強く第一歩を踏み出した。

 「うまくいかないことの方が多くて、すごく悩んだ1年だった。悩みつつも、けがが治って走り出せば吹っ切れてくるのかなというのがあったので、そこからはひたすら我慢との戦いというか。周りの支えて下さる方がいて、ぽっきりと折れることなくここまで戻せたのかなと思う」と感慨を込めた。

 来夏に延期された東京五輪では、トラック種目での代表入りを目指している。参加標準突破&優勝で早期内定が得られる日本選手権(12月、大阪)が今後の大目標。「まずは、参加標準を狙えるような体の状態に作っていきたいとは思っていて。その上で優勝がついてくれば、一番最高な結果だと思っている」と目を輝かせていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請