東京五輪マラソン代表の一山麻緒、全日本実業団4位「勝てる選手になるように、まだまだ頑張りたい」

全日本実業団対抗選手権女子1万mに出場した(右から)前田穂南と一山麻緒 
全日本実業団対抗選手権女子1万mに出場した(右から)前田穂南と一山麻緒 

 ◆陸上 全日本実業団対抗選手権 第1日(18日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

 女子1万メートル決勝で、東京五輪女子マラソン代表の一山麻緒(ワコール)は32分20秒58の4位だった。

 先頭集団で積極的にレースを進めたが、優勝した鍋島莉奈(日本郵政グループ)、2位の松田瑞生(ダイハツ)、3位で東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)に競り負けた。「今日は、記録というよりも順位争いで臨んだ大会。勝負の日と分かっていながら勝ちきれなかったのは、力不足だと思う」と受け止めた。

 五輪が1年延期となったが「あまり今までの練習や生活を変えた部分はないけど、故障無く練習を積み重ねるのが一番いいことかなと思う」と、足元を見つめて力を伸ばしている。今大会は、20日の5000メートルにも出場予定。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請