【Gキラー列伝】3位・バース…真っ向勝負の江川卓に敬意 対決には「しびれた」

3位のバースは146票。※年数は1軍に出場した実働年数、成績はプロ野球(NPB)通算。10日現在。
3位のバースは146票。※年数は1軍に出場した実働年数、成績はプロ野球(NPB)通算。10日現在。

 セ・リーグ首位を独走中ながら、3連敗中の原巨人。シーズンは後半戦に突入し、意地を見せる他チームとの熱戦が繰り広げられています。そんな中ですが、少しだけ“ブレイクタイム”しましょう。歴代巨人を苦しめた外国人選手を振り返る「Gキラー列伝」。SNSを利用して読者投票を実施。歴代担当記者がエピソードを紹介します。お楽しみください。

 甲子園の左翼方向に吹く“浜風”に乗せて本塁打を量産していたバースだが、彼の日本での最長アーチは1986年6月26日の巨人戦、思い切り引っ張った後楽園の右翼場外に運んだ推定150メートルのアーチ。これが王貞治に並ぶNPBタイ記録でもある7試合連続だった。

 試合後、「ボクに対して真っ向から挑戦してきた。素晴らしい投手」と直球で勝負した江川卓を絶賛した。日本では相手投手が勝負してこないことが多かったこともあり、広島の抑え投手だった津田恒実に直球勝負で三振しても、満足そうに振り返るスラッガーだった。

 ◆G党の苦い思い出

 「江川との対決はしびれた」(50代・男性)

 「実力もさることながら、なにより人気があった」(40代・女性)

 「全球団キラー」(10代・男性)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請