錦織圭、18歳ムゼッティにストレート敗戦…停電にも泣いた イタリア国際

地元イタリアの18歳、ロレンツォ・ムゼッティに3―6、4―6で敗れた錦織圭(ロイター)
地元イタリアの18歳、ロレンツォ・ムゼッティに3―6、4―6で敗れた錦織圭(ロイター)

◆テニス イタリア国際 第4日(17日、ローマ) ▽男子シングルス2回戦 ムゼッティ(6―3、6―4)錦織

 男子シングルス2回戦で、世界ランク35位の錦織圭(30)=日清食品=は、同249位で地元イタリアの18歳、ロレンツォ・ムゼッティに3―6、4―6で敗れた。

 14日に右肘手術や新型コロナウイルス感染などを経て、383日ぶりの勝利を挙げた錦織だったが、18歳ながら初戦で元全仏王者のスタン・バブリンカ(スイス)をストレートで撃破したムゼッティの勢いに苦しんだ。強烈なフォアと深いショットで押し込まれると、第1セット第4ゲームでブレイクを許し、3―6。第2セットは、互いにキープを続けてきたが、錦織サーブで迎えた4―4の30―15の時に会場が停電となり、約10分の中断。練習無しで再開となった直後にミスが続き、勝負を決定づけるブレイクを許してしまった。

 錦織はエントリーしている次週のハンブルク・オープン(21日開幕)を経て、4大大会の全仏オープン(27日開幕)に挑む。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請