【阪神】東京Dの連敗「8」でストップ 西勇輝が自身初2試合連続完封 近本は3連戦2度目の2発

4回、無失点に抑えグータッチをする西勇輝
4回、無失点に抑えグータッチをする西勇輝

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人0―11阪神(17日・東京ドーム)

 阪神が快勝し、東京ドームでの連敗を「8」で止めた。

 引き分け以下なら、対巨人戦9年連続負け越しが決まる危機で意地を見せた。

 先発の西勇は立ち上がりから安定した投球で自身初の2試合連続完封。持ち前の内外のコーナーワークが光り、テンポよく凡打を重ねた。球団のG戦完封は18年の秋山以来、2戦連続シャットアウトは同14年のメッセンジャー以来6年ぶりとなった。

 攻撃陣は近本が初回先頭打者弾で号砲を鳴らすと、5点リードの6回にも右越えの7号ソロ。大量得点に導いた。今カード初戦には菅野から1試合2本塁打を放っており、“鬼門”で打棒爆発の活躍だった。

映像提供:GIANTS LIVE STREAM

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請