【C大阪】クラブタイ記録のリーグ7連勝へ鍵握る清武&坂元 ロティーナ監督「フレッシュで良い状態」

清武弘嗣
清武弘嗣

 C大阪が、絶好調の2列目コンビの投入でクラブタイ記録であるリーグ7連勝を狙う。17日は次節の鹿島戦(19日・ヤンマー)に向け、大阪市内で調整。練習後にオンライン取材に応じたロティーナ監督(63)は、前節の神戸戦(16日)でともに出場機会がなかった元日本代表MF清武とMF坂元について「よりフレッシュで良い状態にある」と温存できた効果を強調した。

 5連勝で迎えた昨年10月6日のホーム鹿島戦は、前半6分に許した先制点を最後まで守りきられ0―1で敗戦。破竹の勢いは失速し、リーグ戦を5位で終えた。新体制で臨んだ今季序盤は苦しんだ鹿島だが、指揮官は「クオリティーが高いチーム。難しい試合になると思う」と警戒を緩める様子は一切ない。攻撃を支える清武・坂元の両輪で昨季のリベンジを果たし、2005年以来15年ぶりの連勝記録に並ぶ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請