【巨人】サンチェス、5回5失点で降板…2番手は桜井俊貴

3回を投げ終え、暗い表情でベンチへ戻るサンチェス(カメラ・橋口 真)
3回を投げ終え、暗い表情でベンチへ戻るサンチェス(カメラ・橋口 真)

◆JERAセ・リーグ 巨人―阪神(17日・東京ドーム)

 巨人の先発・サンチェスは5回5失点(自責3)で降板した。5回2死一塁の打席で代打・北村を送られ、6回から2番手で桜井が登板した。

 初回、近本に6号となる先頭打者弾を浴びたサンチェス。2死満塁から押し出し四球で計2失点。なおも、2死満塁のピンチで、木浪の二塁ゴロで、一塁走者の陽川と二塁手の若林が接触。陽川の守備妨害の判定となり、チェンジ。

 ピンチを切り抜けたと思われたが2回は2死から失点した。一、二塁から4番・サンズの中前適時打と守備のミスが重なり2失点。さらに大山の右前適時打で計3失点を許した。

 3回からは毎回走者を許すも無失点に抑えたが、5回114球7安打6四球とコントロールに苦しんだ。

 打線は5回まで無得点。阪神のエース・西に3安打に抑えられている。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請