今秋ドラフト候補右腕のホンダ鈴鹿・松本竜也、20球で降板 12球団38人視察

プロ注目のホンダ鈴鹿・松本竜也投手
プロ注目のホンダ鈴鹿・松本竜也投手

◆都市対抗野球大会東海地区2次予選 ▽第1代表1回戦 ホンダ鈴鹿4―3ヤマハ(17日・愛知・岡崎市民球場)

 今秋ドラフト候補で最速151キロ右腕の松本竜也(りゅうや)投手(20)が3点リードの8回に2番手で登板した。

 先頭打者に一発を浴び、次打者には四球を与えた。続く2人を外野飛球で打ち取るも、3分の2回1安打1四球1失点で降板。「全体的によくなかった。一本くらったのは割り切って、ランナーをためて打たれるよりはよかったと思う。思っているより緊張はなかったけど、気持ちは空回りしていた」と反省した。

 プロ12球団38人が視察に訪れ、巨人・榑松(くれまつ)スカウト部次長は「真っすぐにキレがある。若いし楽しみな選手」と期待を寄せた。

 右腕は「上の世界で挑戦したいという気持ちはあります。真っすぐで押していくのが持ち味ですが、今はチームが勝つために何ができるかを考えています」と前を向いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請