【東都大学準硬式野球】中大・伴野が先制打&ダメ押し弾

中大の勝利に貢献した伴野と林部
中大の勝利に貢献した伴野と林部

 ◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 中大4―1東海大(17日・ダイワハウススタジアム八王子)

 中大が1分けをはさんで3連勝とした。初回、伴野匠(2年=東海大菅生)の適時二塁打で1点を先制。4回に森康太朗(3年=静岡)の適時打で1点を加えると、7回には伴野の左越え2ランでリードを広げた。投げては先発の林部庄吾(3年=上田西)が6回、高部翔太(2年=東海大相模)に適時打を許して1点を失ったが、7回から登板した近野佑樹(2年=浦和学院)が3イニングを完璧に抑えて逃げ切った。

 中大・伴野匠「最後まで緊迫した試合でしたが、しっかり打てたのでよかったです」

 中大・林部庄吾「テンポよく投げ切り、チームの勝利に貢献できたのでよかったです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請