【C大阪】採点&寸評…数的不利はね返し15年ぶり6連勝! V弾柿谷が堂々のMOM

C大阪の神戸戦先発布陣
C大阪の神戸戦先発布陣

◆明治安田生命J1リーグ 第25節 C大阪 1―0 神戸(16日・ノエビアスタジアム神戸)

 C大阪は、元日本代表FW柿谷の今季リーグ戦初得点を10人で守り抜き、2005年にリーグ7連勝して以来となる15年ぶりの6連勝を達成した。前半33分にFW都倉が相手GKの顔面付近を蹴ってしまい一発退場。数的不利で防戦一方のなか、後半17分にMFデサバトのクロスを頭でそらしゴールネットを揺らした。先発出場はこの日が4試合目と、出場機会に恵まれずにいた生え抜きの活躍で首位・川崎との勝ち点差を5に縮め「連勝を絶対に止めないようにしないといけない試合だった。全員でやるべきことをやった結果」と胸を張った。

 採点、寸評は以下の通り。

ロティーナ監督【7・0】素早い布陣変更と選手交代でダメージ最小限に

GK金鎮鉉【6・0】劣勢のなか確実なセービングで無失点に貢献

DF松田陸【6・0】初先発・西川との縦関係は少しぎこちない感じ

DFマテイヨニッチ【6・5】急造の5バックでも好クリア連発。安定感は健在

DF瀬古歩夢【6・0】パスミスからピンチ招く場面も。守備対応は冷静

DF丸橋祐介【6・0】攻撃参加は少なめ。キックは精度の高さ見せた

MFデサバト【6・5】粘り強いボールキープから決勝点を好アシスト

MF木本恭生【6・0】神戸・イニエスタ相手に粘り強い守備を披露

MF柿谷曜一朗【7・5】センスの塊らしいゴール。文句なしでMOM

MF西川潤【5・0】チームの方針転換により41分で交代。消化不良

MF片山瑛一【6・0】インテンシティーの強さで2列目から守備に奮闘

MF喜田陽【―】後半ロスタイムIN。時間短く採点なし

FW都倉賢【3・5】チームを厳しい状況に追い込んだ責任は重大

FW奥埜博亮【6・0】両チーム最多の走行距離。数的不利を補った

FWブルーノメンデス【―】後半37分IN。時間短く採点なし

※平均点は5・5~6・0。MOMはマン・オブ・ザ・マッチ

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請