読売テレビが秋の番組改編会見を開催…「す・またん!」繰り下げは「スタッフの健康に配慮」

読売テレビの秋の番組改編会見を行った堀口良則編成局局次長兼編成部長(提供写真)
読売テレビの秋の番組改編会見を行った堀口良則編成局局次長兼編成部長(提供写真)

 読売テレビが17日、2020年10月期番組改編を大阪市中央区の同局で行った。

 朝の情報番組「朝生ワイド す・またん!」が、28日から30分繰り下げた午前5時50分からスタートすることについて、堀口良則編成局局次長兼編成部長は「コロナ対策です。朝の番組は前日の深夜や早朝などの勤務体制で、スタッフの生活も体に無理がくる。寒くなるとコロナがはやるとも言われているので、健康と安全第一」と話した。ABCテレビの「おはよう朝日です」が、10月5日から午前5時スタートに繰り上げたが「ABCテレビさんがやるのは痛いが、継続性は大事。6時起床で生活される方には『す・またん!』を見て頂けるのでは」と期待した。

 また、目玉の1つに俳優・玉木宏(40)主演で、極道から足を洗い専業主夫になる日曜ドラマ「極主夫道」(10月11日スタート、後10時30分)をあげ「笑って泣けるドラマ。楽しみにして欲しい」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請