日本製鉄広畑が2年連続の都市対抗大会出場を逃す プロ注目の川瀬航作が4回途中3失点で降板

日本製鉄広畑・川瀬航作
日本製鉄広畑・川瀬航作

 ◆都市対抗野球大会近畿地区2次予選第4代表決定トーナメント ▽4回戦 日本生命3―1日本製鉄広畑(17日・わかさスタジアム京都)

 日本製鉄広畑が、2年連続の都市対抗野球大会(11月22日~12月3日・東京D)出場を逃した。先発したプロ注目の川瀬航作投手(23)は5安打で3失点し、3回1/3で降板した。「不本意な結果が続いて払拭したかったけど、できなかった」と、肩を落とした。

 この日は巨人と阪神が最速148キロのサイド右腕を視察した。10月26日のドラフト会議前、最後の公式戦を終え「一つの結果も残せなかった。評価をだいぶ落としてしまった。自分のいいところを評価してもらって、指名していただいたらうれしいですけど、この予選はマイナスでしかない」と、満足にアピールできず、悔しさをにじませた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請