伊藤惇夫氏、菅新首相の会見には「小政策を一つ一つ掲げて、それをこなしていくよという思いがにじみ出ていた」

16日に就任会見に臨んだ菅義偉首相(ロイター)
16日に就任会見に臨んだ菅義偉首相(ロイター)

 17日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)では、16日に発足した菅内閣を特集した。

 政治アナリストの伊藤惇夫氏(72)は菅義偉新首相(71)の就任会見について「国民のために働く内閣と極めて当たり前のことを言っている。でも、当たり前のことをできない、やっていない世の中を正していくんだとおっしゃってますから、言行一致というか」と、まず話した。

 その上で「掲げたテーマについても大政策と小政策と分けると、携帯電話の料金などどちらかと言うと小政策。実利型、生活密着方の政策を一つ一つ掲げて、それをこなしていくよという思いがにじみ出た会見だったのかなと思います」と続けていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請