柴咲コウ、ものの原理に興味「芋虫やちょうちょにはまっている」

Audi初の電気自動車「Audi e-tron Sportback」のプレス向け発表会をオンラインで行った柴咲コウ
Audi初の電気自動車「Audi e-tron Sportback」のプレス向け発表会をオンラインで行った柴咲コウ

 女優の柴咲コウ(39)が17日、Audi初の電気自動車「Audi e―tron Sportback」のプレス向け発表会をオンラインで行った。

 持続可能な未来への架け橋としての役割を担う「Audi e―tron」のサポーターに就任。同社の人と自然との調和、CO2削減を目指した取り組みに「どこまで本気なんだろうと思ったけど、こんなに本気だとは思わなくて驚きました。プロジェクトの1つとして推進していくのは、その本気度を伺える。自然環境を守りたい意識があっても、個人だとなかなか成果につながらない歯がゆさを感じている。大企業がこうした取り組みをしてくれるのはありがたい」と感激した。

 最近の生活について「ものの原理にすごく興味がある」という柴咲。「このものは、どうやってできているんだろうと深掘りするフェーズ(=段階)に来ている。あるものをただ調理するだけではなく、あるもの自体に目を向けてみる。どうやったら(この野菜が)育つのかなとか。今、芋虫やちょうちょにはまっています」と明かした。

 16年11月から「アパレル事業」と「エンターテインメント事業」の2部門を軸としたレトロワグラース株式会社をたちあげ、代表取締役CEOに就任。実業家としても活動する。

 コロナ禍で社会の仕組みが大きく変わっているが、自身は「ピンチはチャンスと、いつも思っている」と前を向く。「今までになかった選択肢が生まれたり、自分の発想になかった物の考え方ができたり、気にも留めなかったことを気に留めるようになったり、転換期でもあるのかなと思う。生まれた芽を潰さないように、これからも見つめていきたい」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請