絶好調レッズ・秋山翔吾が、3打席目に適時打で先取点! 9月は打率・341、出塁率5割に

◆メジャーリーグ レッズ―パイレーツ(16日、シンシナティ・グレートアメリカンボールパーク)

 レッズ・秋山翔吾外野手(32)が16日(日本時間17日)、本拠地のパイレーツ戦に「1番・左翼」で10試合連続となるスタメン出場。3打席目に、先取点となる左前適時打を放った。

 1、2打席目は左飛、四球。3打席目は、両軍無得点の5回2死二、三塁という絶好機だった。カウント2―2からの6球目。先発右腕・ブルベイカーの内角高め、93・7マイル(約150・8キロ)をうまく逆方向にはじき返すと、左前に落ちる適時打になった。スコアボードに「0」が並び続ける投手戦で、貴重な先取点をたたき出した。

 日本時代に慣れ親しんだ1番では7試合連続の先発。9月は絶好調で、3打席目終了時点での月間打率は3割4分1厘で、出塁率は脅威の5割だ。1割台に沈むこともあったシーズンの打率も2割4分1厘にまで上がった。チームは4連勝中で、プレーオフ進出圏内の2位・カージナルスとはこの時点で1ゲーム差。ラストスパートへ、レッズ打線は秋山が引っ張っている。

試合経過

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請