小沢一郎氏、「桜を見る会」中止表明の菅新首相をチクリ「犯罪を深い土の中に埋めるつもり」

小沢一郎氏
小沢一郎氏

 立憲民主党の小沢一郎衆院議員(78)が17日までに自身のツイッターを更新。16日に第99代総理大臣に就任したばかりの菅義偉新首相(71)をさっそく批判した。

 菅首相が会見で、2021年以降は首相主催の「桜を見る会」を中止する意向を表明したという記事を貼り付けた小沢氏。

 「犯罪を深い土の中に埋めるつもり。それで国民はすぐ忘れる、権力者は何をやっても許される、重要なのは演出。安倍総理の犯罪を認めているようなもの」と、つづると、「国民がそこに気付くか感心するか、この総理は早速国民の理解力を試している。最後に政治のレベルを決めるのは国民である」と厳しく続けていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請