菅義偉新首相就任を祝して、地元・秋田県の湯沢グランドホテルが「菅総理パンケーキ」を販売へ、第99代内閣総理大臣にちなんで税込み990円

菅首相のシルエットがプレートにデコレーションされた「菅総理パンケーキ」(湯沢グランドホテル提供)
菅首相のシルエットがプレートにデコレーションされた「菅総理パンケーキ」(湯沢グランドホテル提供)

 菅義偉新首相は大の甘党としても知られ、中でも大好物なのがパンケーキだ。地元・秋田県の湯沢グランドホテルが、首相就任を祝して「菅総理パンケーキ」を販売することが16日、分かった。(瀬戸 花音)

 祝福ムードに包まれた地元で、さっそく新首相にあやかったパンケーキが登場する。湯沢グランドホテルが企画した「菅総理パンケーキ」は、第99代内閣総理大臣にちなんで税込み990円。プレートに「令和」ならぬ「総理」の文字を掲げる菅首相のシルエットをココアのパウダーでデコレーションし、ベリーをのせた。18日からの販売を予定している。

 同ホテルのパンケーキは菅首相も食べたことがある。昨年、パンケーキ好きと聞きつけた由利昌司さん(71)ら地元の同級生が中心となって「東京よりうまいパンケーキを食わせてやる」と菅首相の地元訪問にあわせてサプライズを決行。イチゴ農家の生まれということでイチゴをたっぷりのせた特別なパンケーキを用意した。

 同ホテルの常務取締役・大橋靖広さん(59)は「菅さんは訪れたとき、時間がないとおっしゃっていたんですが、パンケーキが出た途端ゆっくり座って食べ始めたんです(笑い)。SPの方々が一斉に時計を見始めて、大丈夫かなってこっちが心配しちゃいました」と振り返る。パンケーキを食べた菅首相は「お、いいね」と表情を緩ませたという。

 菅首相が舌鼓を打ったのには理由がある。実は、同ホテルでパンケーキを出すにあたり、調理研修を受けに行ったのが滋賀県にあるホテルニューオウミだった。ホテルニューオウミはニューオータニ系列のホテル。菅氏が気に入っているニューオータニの「SATSUKI」のパンケーキとほぼ同じ調理法で焼かれた生地だった。

 大橋さんは「ニューオータニさんと同じ、銅で焼く機械を購入して作っています。偶然にも菅さんが好きだというものと重なりました」とその偶然を喜ぶ。「パンケーキ効果で湯沢が盛り上がればいいですね」。菅総理パンケーキには地元の大きな期待が詰まっている。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請