菅義偉首相夫人の素顔、はとこが語ったファーストレディー真理子さん「控えめ」「飾り気ない」

菅義偉氏と真理子夫人の貴重な2ショット写真(提供写真)
菅義偉氏と真理子夫人の貴重な2ショット写真(提供写真)
夫が首相に選出され支持者にあいさつする真理子夫人
夫が首相に選出され支持者にあいさつする真理子夫人
菅義偉首相の家系図
菅義偉首相の家系図

 自民党の菅義偉総裁(71)は16日、衆参両院本会議での首相指名選挙で第99代首相に選出された。首相交代は2012年以来、7年8か月ぶり。皇居での首相任命式と閣僚認証式を経て自公連立の菅内閣が発足した。日本の新しいリーダーが決まり、関心を集めているのは真理子夫人(66)。菅氏のはとこがスポーツ報知に新ファーストレディーの素顔を明かした。

 票数の読み上げが始まると、菅氏は早々にマスクを外し「その瞬間」を待った。

 衆院本会議場に大島理森議長の声が響く。「菅義偉君を内閣総理大臣に指名することが決まりました」。与党席から大きな拍手と歓声が湧く中、新首相は意を決したように立ち上がり、緊張の面持ちで何度も頭を下げた。顔色はわずかに紅潮していた。

 同じ瞬間、横浜市南区の菅事務所ではモニターを見守る支援者らから拍手が巻き起こった。正式にファーストレディーとなった真理子夫人は、約200人に向け「応援してくださったおかげさまだと心から感謝申し上げます」と笑顔であいさつした。

 ファーストレディーはどのような人物なのか。2人の出会いは、菅氏が故・小此木彦三郎衆院議員の事務所に秘書として勤務していた頃にさかのぼる。結婚後は3人の息子に恵まれた。菅氏のはとこに当たる恵美子さん(82)は「控えめで凜(りん)としていて、文句のつけようがない。今までのファーストレディーにはいないタイプではないでしょうか」と話す。

 恵美子さんと菅氏が親交を深めたのは、菅氏が国政に出馬する1996年。横浜市港南区の病院で働く恵美子さんに、選挙の手伝いを頼んできたのがきっかけだった。「義偉は小さい時には全く目立たない子。体も小さく、チョロチョロ動き回っていた。あまり印象にない子だった」と振り返る。

 選挙を機に、恵美子さんは菅氏の後援会にも出席するようになった。そこで陰ながらに身を粉にして働いていたのが、真理子夫人だった。「静岡の清水出身の本当に礼儀正しい方なんです。真理子さんはほとんど(パーティーなどの)会場に入らずに、来訪される方々にずっとあいさつしてます。トイレの場所を聞かれたら、トイレの入り口まで案内するくらい丁寧な人です」。今でも会が終わった後は、支持者全員に握手をして見送るという。

 謙虚さは服装にも表れている。「あか抜けた格好は全くしないですね。ワンピースとか着ているのは見たことがない」と恵美子さん。小物も質素で、「ブランドのバッグを持っている姿は見たことがありません。首飾りもパールのみ。本当に着飾らない方なんです」。

 夫の体調が優れない時には、議員宿舎に自作のスープカレーを持っていくなど実直に支えた。その内助の功に感銘を受ける女性も多く、恵美子さんは「女性ファンが多く、敵はいない。後援会では、義偉よりファンが多いです」と褒めたたえた。

 安倍晋三前首相の昭恵夫人はSNSを活用し、自ら情報を発信した。口数の少ない真理子夫人は対照的だが、関係者は「華やかなファーストレディー外交に気後れしているかもしれないが、誠実な人柄なのでしっかりと対応してくれるだろう」を期待を寄せている。

菅義偉氏と真理子夫人の貴重な2ショット写真(提供写真)
夫が首相に選出され支持者にあいさつする真理子夫人
菅義偉首相の家系図
すべての写真を見る 3枚

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請