「SUPERNOVA」ユナク、違法賭博で舞台降板…フィリピン高額バカラ

「SUPERNOVA」ユナク
「SUPERNOVA」ユナク

 韓国の5人組男性グループ「SUPERNOVA(スーパーノバ)」のユナク(37)が、出演予定だったミュージカル「RENT」(11月2日~12月6日=東京・日比谷シアタークリエ)を降板することが分かった。16日、製作する東宝株式会社演劇部が発表した。

 ユナクとSUPERNOVAの同僚でもあるソンジェ(33)が16年から18年にかけて、フィリピンで最大5000万ウォン(現在のレートで約447万円)の賭け金で違法なバカラ賭博を行った疑いがあると、韓国メディアで報じられていた。

 所属事務所はこの日、公式サイトで「ユナクとソンジェは旅行中に、安易な考えで不注意な行動を起こした点を深く後悔し、反省しております。ご心配と失望を与えてしまいましたこと心よりお詫(わ)び申し上げます」と謝罪した。

 関係者によると、ユナクらは先日、韓国国内で事情聴取を受け、現在も捜査中。現段階で処分は下されていないが、騒動を受けて「RENT」の出演辞退を申し出たという。また、コロナ禍の影響で来年開催に延期となったユナクとソンジェによるユニット「Double Ace」のコンサート(全4公演)に関しては、捜査状況を待つとしている。

 「RENT」の代役は、「CHEMISTRY」の堂珍嘉邦(41)と、俳優の甲斐翔真(22)が務める。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請