【日本ハム】痛い逆転負けで自力V消滅&5位に転落も栗山監督「チャンスはある」

7回1死満塁、投手交代を告げた栗山監督
7回1死満塁、投手交代を告げた栗山監督

◆パ・リーグ 日本ハム4―5ソフトバンク(16日・札幌D)

 日本ハムは、ソフトバンクに逆転負けを喫し、自力優勝の可能性が消滅した。

 打線は1点を追う2回に相手先発の二保を攻めて大田、ビヤヌエバ、平沼の適時打で3点を奪って逆転。先発の杉浦は序盤は走者を背負いながら徐々に状態を上げて、6回2失点とリードを守って降板した。

 しかし、勝ちパターンが誤算だった。2番手・公文は2安打と1四球で1死満塁のピンチを背負い、3番手・玉井にスイッチ。ところが玉井は柳田に押し出し四球を与えて同点。続くデスパイネには甘く入ったフォークを痛打され、中前への勝ち越し2点打を浴びた。

 打線も3~5回は全て先頭打者を出し、得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ずに無得点に封じられた。勝負所で確実に得点を奪ったソフトバンクとは対照的で、首位を走る強さを見せつけられた。

 この日勝利した西武に抜かれる形で5位に転落。栗山監督は「チャンスはある。自力優勝(消滅)とかは数字上の問題。どこかで大きな勢いを作れるかどうかが勝負」と語り、ナインが9回に1点差に詰め寄った場面を指して「ああやって最後まで必死になってやる姿を積み重ねていけば、必ずそういうチャンスが来ると思ってやるだけ」と前を向いた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請