メドベージェワ、トゥトベリゼ・コーチとの師弟関係復活を発表 「最大限の結果を出したい」

エテリ・トゥトベリゼ・コーチのインスタグラム(@tutberidze.eteri)より。中央の2人が師弟関係を復活させたメドベージェワ(手前)とトゥトベリゼ・コーチ
エテリ・トゥトベリゼ・コーチのインスタグラム(@tutberidze.eteri)より。中央の2人が師弟関係を復活させたメドベージェワ(手前)とトゥトベリゼ・コーチ

 フィギュアスケート女子で18年平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(20)=ロシア=が、平昌五輪後に師弟関係を解消したエテリ・トゥトベリゼ・コーチに再び指導を受けることを16日、ロシア連盟のホームページで発表した。16日からトゥトベリゼ・コーチの下での練習をスタートし、「話し合いをし、お互いに理解した。可能な限り最大限の結果を出したい」とコメントした。

 メドベージェワは18年5月、11年間指導を受けたトゥトベリゼ・コーチから離れ、男子で五輪連覇の羽生結弦(ANA)を指導するブライアン・オーサー・コーチに師事していた。約2年間、指導を受けたオーサー・コーチについては「感謝している」とつづった。

 トゥトベリゼ・コーチは18年平昌五輪金メダルのザギトワ(ロシア)を育て、現在は4回転ルッツを跳ぶシェルバコワ(ロシア)、22年北京五輪の金メダル候補にも名前が上がるジュニアのワリエワ(ロシア)らを指導している。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請