【仙台】椎橋慧也、勝利へ超プレス宣言 リーグ4連敗&7戦勝ちなし阻止へ一丸

MFクエンカ(右)へプレスを仕掛けるMF椎橋(カメラ・小林 泰斗)
MFクエンカ(右)へプレスを仕掛けるMF椎橋(カメラ・小林 泰斗)

 J1仙台は16日、20日のアウェー・F東京戦に向け、仙台市内のグラウンドで一部非公開での練習を行った。リーグ3連敗、6戦勝ちなしと厳しい状況だが、MF椎橋慧也(23)は「チーム一丸となって相手を倒すぞという気持ちで準備している」と、勝利への気持ちを高めた。

 リーグ再開後の全試合で先発出場を続けている椎橋が、攻守のバランスを整えていく。直近6試合は、4得点12失点と攻守に精彩を欠いているが、最終ラインと前線を繋ぐ存在の椎橋は「球際激しくいくところ、要求していく声が、今一番求められている。練習からもっとやっていかないと試合で出せない。チーム(全体)で改めてやっていこうという雰囲気で練習をしています」と意気込む。

 F東京は今季7得点のFWディエゴオリベイラをはじめ強力な前線の選手がそろい、18試合で32得点と高い攻撃力が持ち味。「相手の良さを消し、自分たちの良さを見せていきたい」。気迫のプレスと守備で相手前線を封じ込め、勝ち点3をもぎ取る。(小林 泰斗)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請