【DeNA】ラミレス監督 7回から万全継投のはずが1点差守れず惜敗

6回1失点でマウンドを下りた上茶谷大河
6回1失点でマウンドを下りた上茶谷大河

◆「JERAセ・リーグ公式戦」ヤクルト3―2DeNA(16日・神宮)

 DeNAは1点リードの7回から2番手・エスコバーを投入。しかし、今季8打数無安打4三振と抑えていた先頭の村上に四球。1死後、坂口の右前安打で一、二塁。2死から代打・荒木に同点の左前適時打を許し降板した。3番手の平田が代打・宮本に勝ち越しとなる二塁適時内野安打を許した。

 先発の上茶谷は6回3安打1失点、村上のソロのみと好投した。打線は1点ビハインドの5回、梶谷の適時打、オースティンの犠飛で一時勝ち越したが、救援陣が逆転を許した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請