IOCバッハ会長が菅総理との直接会談を希望 五輪組織委・森喜朗会長が明かす

菅義偉氏
菅義偉氏
バッハ会長(ロイター)
バッハ会長(ロイター)

 東京五輪組織委の森喜朗会長が16日、菅義偉新首相の就任に伴い、組織委を通じて文書でコメントを発表。IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が、直接会談を希望していることを明かした。

 森会長は安倍政権からの継承を掲げる新首相に「菅義偉内閣総理大臣のご就任に、お祝いを申し上げます。安全で安心な大会開催に向けて、総理就任後も、菅総理には、一層のご指導とご支援をお願いしたいと考えています」と期待感を込めた。

 また「先ほど、IOCのバッハ会長とテレカンを行い、菅総理の就任をお伝えしたところ、バッハ会長からは、これまでの政府の取り組みへの謝意に加え、菅総理にお祝いを申し上げたい、また、できるだけ早く菅総理に直接お会いしてご挨拶したいとの話がありました」とも明かした。

 組織委は、コロナ禍を克服しての大会開催を目指し、全力を注いでいる。「国民の共感を得て、大会の開催が実現するよう、引き続き大会準備に尽力してまいります」と、締めた。

菅義偉氏
バッハ会長(ロイター)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請