【ヤクルト】歳内宏明が新天地デビューで5回2失点 1603日ぶり登板

ヤクルト先発の歳内宏明
ヤクルト先発の歳内宏明

◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト―DeNA(16日・神宮)

 ヤクルトに新加入した歳内宏明投手(27)がDeNA戦で初先発。5回を8安打2失点で降板。NPB復帰後初登板勝利はならなかった。

 チャンスをくれた球団のため、粘り強く投げた。毎回走者を背負いながら、バックの好守備に助けられて4回まで無失点。だが、1点を先制した直後の5回に4安打を集められ、逆転を許した。5回まで84球。その裏の打席で代打を送られ、白星は次回登板にお預けとなった。

 NPBでの登板は阪神時代の16年4月27日の巨人戦以来、1603日ぶり、先発は14年8月7日のヤクルト戦(神宮)以来、2232日ぶりだった。昨季限りで阪神を退団。四国アイランドリーグplus香川を経て、9月からヤクルト入りした。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請