【東都大学準硬式野球】中大・近野が1失点完投勝利

1失点完投勝利を挙げた中大・近野
1失点完投勝利を挙げた中大・近野

 ◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 中大6―1東海大(16日・上柚木公園)

 中大・近野佑樹(2年=浦和学院)があと一歩でノーヒットノーランという好投で完投勝利を挙げた。打線は初回、押し出し死球、伴野匠(2年=東海大菅生)の犠飛で2点を先制。2回に佐藤龍之介(2年=能代松陽)が犠飛、5回には伴野が適時打を放つなど着実に加点した。先発の近野は9回1死まで失策と四球の走者を出したのみだったが、津田雅樹(3年=東海大相模)に三塁打を許すと、続く高部翔太(2年=東海大相模)の右前打で1失点。後続を断って102球、被安打3で完投した。

 中大・近野佑樹「三者凡退で抑えられた回が多く、守備からリズムを作れたのでよかったです。ここぞの打撃やいいプレーにも助けてもらったので、1勝することができてよかったです。次戦でもチームの勝利に貢献できるよう全力を尽くします」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請