名門復活! ENEOSが三菱パワーを下して5年ぶり都市対抗野球出場決定

5年ぶりの都市対抗進出を決めたENEOS
5年ぶりの都市対抗進出を決めたENEOS

◆社会人・都市対抗野球西関東予選代表決定リーグ▽ENEOS5―3三菱パワー=延長12回=(16日・横浜スタジアム)

 名門・ENEOSが延長12回の熱戦の末に三菱パワーを下し、東芝との三つどもえで行われた代表決定リーグで2連勝。5年ぶり50度目の都市対抗野球大会(11月22日開幕・東京D)出場を決めた。12、13年に都市対抗連覇に導いた名将・大久保秀昭監督(51)は、慶大監督から復帰1年目で古巣の立て直しに成功した。

 ENEOSは3―3で迎えた12回、2死一、三塁から3番・小豆沢誠二塁手(25=上武大)が右翼線に決勝の2点二塁打。その裏を8回からロングリリーフとなった5番手右腕・江口昌太(26)がゼロで抑えて逃げ切った。小豆沢は3回にも2点二塁打を放っており、3安打4打点の大活躍だった。

 西関東予選はENEOSが2勝、東芝が1勝1敗、三菱パワーが2敗に。この結果、東芝が第2代表として12年連続42度目の出場をすることも決まった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請