菅新内閣は串団子に福袋?! 古舘伊知郎が新内閣への期待すること…「串団子になれ内閣」「福袋を破れ内閣」

古舘伊知郎
古舘伊知郎

 TBS系情報番組「ゴゴスマ」(月~金曜・後1時55分)は16日、菅新内閣の内定人事について取り上げた。新しい内閣について、フリーアナウンサーの古舘伊知郎(65)は「串団子になれ内閣」と評した。

 古舘は「菅政権に期待するということで、串団子になってくれ内閣。これは徹底的に霞ヶ関、省庁に横串を入れること。縦割り行政を廃するということをいっている訳ですから」とし、「コロナ一つをとってもエラい大変な時期にあって、落ち着いたなんて全く言えない状況下にあって、厚生労働省も頑張ってる、コロナ担当の方々、官僚の方々が頑張ってるのは百も承知なんですけど、やっぱり民間病院とか大学病院とかのPCR検査の態勢もあるぞといった時には、その管轄が文部科学省だったり、いろんな省庁を横断してますので、横串、ガッと入れてもらわないと困るという思いをこめて、串団子になって欲しいな内閣」と説明した。

 さらに、これも願望とした上で「福袋を破れ内閣」とも評した。「菅さんは自助、共助、公助とこの3段階を言ってますんで、自助は自分で自分を助ける。共助はある種の社会保険等々。公助というのは大きくくるんでますから、セイフティーネットを含めた、本当に何とか助けなきゃいけない」とコメント。

 「アベノミスクが奏功した部分と今までの政権で、一方、経済的にはやっぱり実質賃金は下がっているとか、苦しいところがいっぱいありますので、ここは消費税も絡みますけど、少子高齢化の時代に突入した中でどれだけ、例えば税と社会保障の一体化とかずっと言われて久しいですけど、どれだけちゃんとカバーしてくれるのか。その財源はどこからもってくるのか。これだけ赤字財政の中ということをしっかりと、自助、共助、公助の中身を教えてほしいという思いを込めて」とした。

 「非常に耳に心地いいこともいっぱいあるで、デジタル化のこともそうですし、必須条件いっぱいあるので、中身を教えてよという思いです」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請