エンゼルス・大谷翔平が3戦連続スタメン落ちで、2戦連続欠場…チームは7点差追いつくも敗れる

エンゼルスの大谷(ロイター)
エンゼルスの大谷(ロイター)

◆メジャーリーグ エンゼルス8―9ダイヤモンドバックス(15日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(26)が15日(日本時間16日)、本拠地のダイヤモンドバックス戦を欠場した。2試合連続で出番がなかった。

 3試合連続でスタメンを外れた大谷。ここまで132打数25安打で打率1割8分9厘、5本塁打20打点と調子は上向かず、相手先発が左腕だったこともあってベンチスタートになった。あす16日(同17日)からも3試合連続で相手先発は左腕。今後も出番が限られる可能性が高そうだ。

 チームは3回表までに7失点。昨季までエンゼルスに所属していたカルフーンに2発を浴びるなど0―7と一方的な展開になりかけていたが、5回に5点を奪うなどして6回に一度は追いついた。だが、8回にペラルタに勝ち越しソロを浴びて惜敗。20勝29敗で残り11試合で借金は9になり、プレーオフ進出圏内の2位・アストロズとは4・5ゲーム差に開いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請