KENTA、G1必勝誓った「GAMEOVERで勝ち狙う。よく、覚えとけ」

KENTA
KENTA

 19日開幕の新日本プロレスの最強シングル決定戦「G1クライマックス30」に参戦するKENTA(39)が16日、自身のツイッターを更新。20日の初戦・後藤洋央紀(41)戦での必勝を誓った。

 米フロリダ州オーランドに自宅のあるKENTAは新型コロナウイルス感染再拡大の中の出入国制限もあり、帰国もままならなかったが、G1に向け、ついに帰国。検査を受けた上で現在は自身が確保した場所での14日間の待機生活を送っていると見られる。

 この日、半年ぶりの日本リング登場となる20日、エディオンアリーナ大阪での初戦に向け、「初戦はGAMEOVERで勝ち狙う。よく、覚えとけ」と、必殺技・GAME OVER(変型フェイスロック)でのタップアウト勝ちを宣言した。

 KENTAは米時間8月22日に行われた新日本プロレス契約の8選手による最強決定トーナメント「NEW JAPAN CUP 2020 in THE USA」(NJC USA)決勝で、デビッド・フィンレー(27)をPKからの必殺・go 2 sleepで一蹴。初優勝を飾り、ツイッターで「何回でも言おう。『今年は俺の年』」と米国から“主役宣言”していた。

 G1では、IWGPヘビー&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)、3回優勝の棚橋弘至(43)、同じ「バレット・クラブ」に加入した前2冠王・EVIL(33)、常々、「棒さん」とからかってきたYOSHI―HASHI(38)らと同じBブロックに入り虎視眈々と初優勝を狙っている。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請