カブス・ダルビッシュ有が8勝目の権利! 7回9安打3失点…79三振はリーグ2位、防御率2・00は5位に

カブス・ダルビッシュ有(ロイター)
カブス・ダルビッシュ有(ロイター)

 ◆カブス―インディアンス(15日、シカゴ・リグレーフィールド)

 カブス・ダルビッシュ有投手(34)が15日(日本時間16日)、本拠地のインディアンス戦に先発。7回100球を投げて、今季ワーストとなる9安打を浴び、同じく最多タイの3失点。それでも粘投が実って8勝目(2敗)の権利をつかみ、1点リードの8回からは救援陣にマウンドを譲った。

 立ち上がりは上々だった。初回は2番のフリーマンからスライダーで空振り三振を奪うなど三者凡退。2回は2死からネークインに10球粘られて中前安打を浴びたが、続くペレスから空振り三振を奪った。苦しいマウンドになったのが1点の先取点を奪った直後の3回。先頭のネイラーに右翼へ二塁打を浴びると、続くデシールズが三塁方向へバント安打。一塁への送球がそれる間に走者は生還して同点になり、打者も一気に三塁まで進んだ。続くリンドアにも、適時二塁打を浴びて勝ち越しを許した。

 4回はネークインに2死から左前安打を浴びながらも無失点。5回には1死二塁でリンドアに中前適時打を浴びて追加点を許し、リードを2点に広げられた。それでも5回裏にカブス打線が2点を奪って同点。6回は2三振を奪うなど無失点で抑えて踏ん張った。7回は1死二塁から2打席連続で適時打を浴びていたリンドアを申告敬遠で歩かせて、後続を打ち取った。

 7回裏に勝ち越して、8勝目の権利をつかんだダルビッシュ。8勝目となれば、リーグトップになる。防御率は2・00になり、リーグ5位。奪三振数は79になってシャーザー(ナショナルズ)、デグロム(メッツ)らに並んだ。

 ◆ナ・リーグ投手成績上位(ダルビッシュ降板時点)

 ▽防御率

(1)デグロム   1・67

(2)バウアー   1・71

(3)バーンズ   1・98

(3)フリード   1・98

(5)ダルビッシュ 2・00

 ▽勝利数

(1)ダルビッシュ 7

(1)デービーズ  7

(3)フリード   6

 ▽奪三振

(1)バウアー   83

(2)ダルビッシュ 79

(2)ラメット   79

(2)シャーザー  79

(2)デグロム   79

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請