【ローズS】デゼルが坂路で54秒4 友道調教師「何とか間に合ったという感じ」

デゼル
デゼル

 ◆ローズS追い切り(9月16日、栗東トレセン)

 秋華賞トライアルのローズS・G2(9月20日、中京・芝2000メートル=3着までに優先出走権)で重賞初制覇を狙うデゼル(牝3歳、栗東・友道康夫厩舎、父ディープインパクト)が16日、栗東トレセンで最終追い切りを行った。

 ここ2走と同じようにレース当週は坂路へ。しまいをスッと伸ばすような形で54秒4―12秒4をマークした。オークス(11着)以来の実戦となるが、すっきり仕上がっている。「動かすと時計の出る馬ですし、動き的には問題ありません。ただ、夏の暑さやオークスの疲れを取るのに時間がかかったこともあって、何とか間に合ったという感じですね」と友道調教師。母に仏1000ギニー、仏オークスを制したアヴニールセルタンを持つ良血馬の素質と地力に期待した。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請