レッズ・秋山翔吾が6戦連続の「1番・左翼」で3戦ぶりマルチ安打! 初回の3点先制&4連勝呼び込む

秋山翔吾(ロイター)
秋山翔吾(ロイター)

 ◆レッズ4―1パイレーツ(15日、シンシナティ・グレートアメリカンボールパーク)

 レッズ・秋山翔吾外野手(32)が15日(日本時間16日)、本拠地のパイレーツ戦に「1番・左翼」で9試合連続となるスタメン出場。3試合ぶりのマルチ安打を記録するなど4打数2安打でチームの4連勝に貢献した。

 6試合連続起用となった「1番」で、初回から存在感を示した。両軍無得点、初回先頭の1打席目。パイレーツ先発の右腕・マスグローブから中前安打を放って出塁。切り込み隊長の一打がきっかけとなり、後続もつながっていきなり3点を奪って、試合の主導権を完全に握った。さらに4回2死の3打席目にもボテボテの三塁へのゴロだったが、俊足を飛ばして内野安打をもぎ取った。

 1週間前に2割に復帰したばかりの打率も、グングン上がって2割3分7厘。好調を維持する9月は、打率が3割3分3厘、出塁率が4割9分になった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請