近藤サト、女性議員の実力不足を指摘「自民党の中に菅新総理のお眼鏡にかなう女性議員が育っていなかった」新閣僚の女性登用

近藤サト
近藤サト

 日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜・前8時)は16日、この日発足の菅新内閣の顔ぶれについて取り上げた。

 それぞれの閣僚が紹介されると、フリーアナウンサーの近藤サト(52)は「第1回目というのが大事で、今後解散総選挙がいつになるかわからないですけど、最長でも1年。1年という短いタームでまた組閣しなければいけない、する時期がやってくるという意味で、ステップとしての、まず最初の組閣という意味で柔らかくまとめたかなという印象はあります」とコメントした。

 女性の登用が少ないことについて「これは誰でもいいから女性を登用すればいいという問題ではなくて、やっぱり今の自民党の中に菅新総理のお眼鏡にかなう女性議員が育っていなかったということ。ここにどうして女性がいないんだということを考えるのであれば、ちょっと見た方がいい。そういう意味では(女性議員が)育つ土壌が自民党の中で育っていってくれると、女性としてうれしいし、どんどん女性議員は活躍してほしいなと思っています」と現状は与党の女性議員の実力不足であると指摘した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請